Myuty-Chic株式会社

食の安全管理基準 新しい時代へ

食品や栄養補助食品などの安全性は、どの部門からも求められていますが、以前発表になった米国の規制要件に関して、考察してみたいと思います。

今春のFDAによる声明によれば、米国は「よりスマートな食品安全の新時代」を追求する考えを示し、そのための新たなFDA計画を発表しました。とくに新技術に注目していますが、具体的にはまだ明らかになっていません。予測としては、規制上の目標に新しい栄養成分(NDI)を含む栄養補助食品に強化した施行が含まれると言われています。今後、栄養補助食品に関する米国の安全要件に遵守した、商品開発が行われ、さらに当局承認においても最適化するように求められるでしょう。

まず、製品の安全性に関しては、製品の意図された用途に基づいて、製品の組成と使用方法、および製品と原材料の安全性を評価する際の背景を提供していくようになります。近年トレンドとなっているクリーンラベルにも該当するような案件になると思われます。FDAによって規制されている食品の一般的なカテゴリーは、従来の食品、栄養補助食品、特別な食事用の食品(ダイエット食品など)、医療用食品、ならびに乳児用調製粉乳なので、幅広い食品カテゴリーに該当されます。また、栄養価の評価も、製品の特性評価としては必要不可欠です。

米国の規制要件の概要は、食品、医療用食品、およびサプリメント製品に使用される成分の安全基準と証拠要件が必要になります。
米国はサプリメント大国。サプリメント成分の摂取に関していえば、表面的には、栄養補助食品健康教育法(DSHEA)の安全基準は、食品成分よりも推奨される使用条件、またはサプリメント製品の推奨表示に直接関連しています。 つまり、一食分の一日摂取量が消費される可能性があるので、サプリメントの安全性評価は、一般的に、多くの食品中の食品成分の広範な摂取の見方と比較して、使用の方向により焦点が当てられています。

米国は近年食品の安全性をマーケティングメッセージとして活用しているところがあります。製品構成の要素、具体的には配合と仕様は、市場での製品の差別化、知的財産の機会、透明性、また近年では特に持続可能性も重視されています。トレンドから読み解けばその流れは頷けるでしょう。 FDAの具体的な施行後の動向も、また探りたいと思います。

食の安全管理基準 新しい時代へ
トップへ戻る