Myuty-Chic株式会社

米国ナチュラルプロダクト業界の2022年予測

コロナパンデミックが続く2021年のトレンドを受け、米国消費者の行動は変化しており、それに伴い、ナチュラルプロダクト産業は、消費者がいる場所に会うだけでなく、消費者がどこに向かっているのかを予測する機会が生まれます。特にCPR業界に挑戦する様々なアイディアが出てきました。
それは多様性、気候変動、イノベーション、免疫サポートなど様々ですが、特に気になる国内でもトレンドになりそうな重要なテーマをピックアップします。

2021年のグラスゴー気候変動会議に続いて、米国は気候変動に関するパリ協定に再び参加し、企業は消費者とそのメッセージを共有しながら、ビジネス慣行を通じて気候変動に取り組むために着実に取り組んできました。コラボレーションは、気候変動イニシアチブを高め、ブランドの行動が環境マーケティングの取り組みを確実にサポートするための成功の鍵といえます。米国では、様々な エネルギーワーキンググループが役割を果たしています。最も明白なメッセージは、カーボンニュートラルな期限へのコミットメントです。パリ協定により企業は2050年までにカーボンニュートラルを達成すべく実行しますが、Amazon社では、2040年までにネットゼロカーボンを掲げました。ダノンは、「2025年までの脱炭素」も掲げるなど、世界の名だたる企業がネットゼロを目指しています。また、NumiTea社は、Plant-basedを推奨し始めました。ホライゾンミルク、ドクターブロナー、パタゴニア、ネイチャーズパスなどのパイオニアが先導し、あまり知られていないブランドでも、有意義なパートナーシップを通じて気候変動対策の筋道を広げています。

バイオマスプラスチックで一躍有名になったサトウキビ。米国では砂糖の摂取を減らすことが健康志向の第一歩とされていますが、ステビア、モンクフルーツ、糖アルコールなどの砂糖代替品が増えています。2022年に入ると、ブランドと消費者は、製品に含まれる成分リストをよりクリーンで、よりシンプルで、より慎重に調達し、より責任があり、より持続可能にすることに重点を置くと予想されます。これらの価値観は、特にナチュラルチョコレートブランドに受け入れられており、その多くは、透明性のある慣行や豆からバーにするなど、さらに上を目指しています。さらに、ブランドはこれらをUSDAオーガニック、フェアトレード、その他の認証で頻繁にバックアップしています。例としては、Alter EcoやTheo’sなどです。どちらも最近、85%のカカオと1食あたりわずか4グラムの砂糖を含むかなりリッチなダークチョコレートの贅沢品を発売しています。ChocXOは、70%のカカオダークチョコレートピーナッツバターカップでこのトレンドを取り入れているもう1つのブランドです。このカップは、有機サトウキビと慎重に調達されたカカオ豆をブレンドして、1個あたりわずか3グラムの砂糖を含む贅沢なUSDA有機スナックを生み出しました。また、NibMorのSnackableChocolateスクエアには、1スクエアあたり3グラム未満の砂糖が含まれており、オーガニック認定を受けています。2022年に向けて、この傾向はスイーツ​​のカテゴリーで続くだけでなく、パントリーに優しいソース、スナックバー、飲料などのカテゴリーでも成長し、消費者はよりクリーンな配合でより良い味の製品を求めるようになるでしょう。まさにこれは、 100%本物の慎重に調達された食材です。

ナチュラルフードブランドにおいて、サステナブルパッケージイングは重要な要素です。不要なプラスチック廃棄物がまだたくさんある食品、飲料、パーソナルケアのカテゴリー全体で、サステナブルパッケージ2.0が進んでいます。100%リサイクルなのはもちろんのこと、自社のプラスチックを買い戻し、廃棄物をゼロにしている企業もあります。天然飲料のBhoomi社は、化石燃料ベースのプラスチックから、リサイクル可能な100%サトウキビベースの生体高分子ボトルへの大幅な移行を行いました。オーガニックおよびPlant-basedの材料へのこの移行は、多くのブランドが採用するのに実行可能であり、この種のパッケージは、幅広い再生可能な材料から派生させることができます。気候危機が深刻化するにつれ、詰め替え可能なパッケージも一般的になりつつあります。たとえば、持続可能な包装のパイオニアであるTerraCycleと協力することを選択した企業は、消費者が人気ブランドの空の包装を返却して、つぎの人が使用できるように消毒および補充できるようにしました。

オート麦ベースの製品が代替乳製品の通路で上昇傾向にあることは確かに新しいことではありませんが、新しいオート麦製品のブームは、Plant-base乳製品におけるオーツ麦の優れた多様性によるものです。アルトミルクからクリーマー、アイスクリーム、ヨーグルト、バター、その他の類似品に至るまでの製品では、オーツ麦はそれを必要とする人にとって素晴らしいナッツフリーのオプションであるだけでなく、通常、マイルドな味、クリーミーな食感、栄養価の高いものを提供します。最新の業界レポートでは、世界のオーツ麦ミルク市場が、2027年までに64億7000万ドルに達すると予測されています。 持続可能性、トレーサビリティ、クリーンな成分(USDAオーガニック認証は言うまでもなく)に関しては、多くのオーツ麦ベースの代替品もリストのトップにあり、2022年にはさらに成長すると予想されます。Willa’sは、独自の製造プロセスで製造された有機オーツ麦ミルクをさらに上回り、オーツ麦全体を使用することで廃棄物を削減し、栄養価を向上させます。注目すべきもう1つのブランドは、酵素も化学物質も使用しない革新的な省エネプロセスを使用して、「100%クリーン」な有機オーツ麦ミルクヨーグルトを製造するHälsaを展開しています。

今後も、サステナビリティ、トレーサビリティー、クリーンラベル志向は欠かせない要素といえるでしょう。

米国ナチュラルプロダクト業界の2022年予測
トップへ戻る