Myuty-Chic株式会社

最新パッケージソリューション

パッケージソリューションは、いまやグローバルの一大トレンド。
CO2排出削減のため、パッケージやパッケージ廃棄物を減らす目的で、先進企業が行っている事例を紹介する廃棄物を減らすために、先進企業が行っている事例を紹介します。

米国で話題のスーパーフード、機能性きのこの食品・飲料・サプリメントを製造するOm Mushroom Superfoodは、昨年新しい生分解性パッケージを採用したと発表し、100%板紙で作られたキャニスター(筒)に温かいブレンド飲料を充填。簡単に分解する特殊な水性接着剤を使用したキャニスターは、リサイクル可能で生分解性があります。キャニスター内のキノコ飲料粉末を保持するポーチは、消費者がリサイクルした30%の内容物でできていますが、それ自体はリサイクルできません。さらに、同社の10サービングボックスは100%PCR紙でできており、消費者の通常のリサイクル方法で、他の紙と同様にリサイクルできます。小袋は現在は紙でできており、廃棄物削減の流れから、36,000ポンドの未使用のプラスチックを排除することが可能になるといいます。

Harmless Harvest は、ココナッツウォーター、飲用ヨーグルト、ヨーグルトカップ、ココナッツスムージーを100%PET(ポリエチレンテレフタレート)プラスチックで包装するという目標を設定。同社は、すでにタイで100%rPETボトルを使用しており、ココナッツは持続可能な方法で栽培され、収穫されています。また、米国メーカーと協力し、2025年までに100%リサイクルまたは堆肥化可能な材料の製品ポートフォリオに変更するとしています。

カリフォルニア州オークランド発で人気のNumiは、ティーバッグを新鮮に保つためのラッパーを採用し、廃棄物の問題に取り組んでいます。同社の新しいラッパーは、森林管理協議会が認定した紙、ユーカリ、non-GMOサトウキビなどの再生可能な資源から作られています。これらはすべて、炭素を地中に保つのに役立ちます。
このティーラッパーは、年間14.3メートルトンのバージンプラスチックの削減につながり、軽い金属層は、お茶を新鮮に保つための水分バリアの役割を果たします。これらのラッパーはCO2排出量が少なく、エネルギー資源の使用、汚染、オゾンなど、ライフサイクル全体のすべてのカテゴリでパフォーマンスが向上します。また、OSC Packaging Collaborativeと協力して、10年もかけてPlant-baseのラッパー開発を成し遂げました。

サプリメントメーカーのTrueGraceは、消費者がリサイクルしたプラスチックからボトルを作るだけでなく、消費者が容器交換ではなく、簡単に補充できるようにします。これまでに同社は、再生可能な素材で作られた詰め替え用のポーチを提供しており、それらの製品用に新しいボトルを作るよりも85%少ないバージンペットボトルを使用しています。(再生プラスチックは、未使用のプラスチックよりも生成に必要なエネルギーが少なく、二酸化炭素の排出も少なくて済みます。)

最新パッケージソリューション
トップへ戻る