Myuty-Chic株式会社

サステナブルビューティ|Sustainable Beauty

美容・健康業界において、次世代ソリューションとなっている環境との関わり。サステナビリティ、生物多様性、SDGsなど、“オーガニック”だけにとどまらないサステナブルソリューションやソーシャルディベロップメントを提唱するため、当コンテンツコラム執筆者である長井美有紀が厳選する、美容健康業界における事例から解決のヒントを提供していきます。

お問い合わせはコチラ


サステナブル・ビューティー事例・解説

独自調査や取材などに基づき、長井美有紀が厳選したサステナビリティ事例やトピックスを紹介します。(*引用・転載禁止)

気候変動対策へ。オーガニックパーム油の持続可能な利用

化粧品や食品をはじめさまざまな原料に使用されるパーム油。その持続可能な利用に重要な要素として、気候変動への対応があります。持続可能なパーム農業への取り組みのため、Daabon社は気候変動の制約に参加。2040年までに脱炭 […]

MOM Organic Marketがアップサイクル製品専用の店内専用棚を設置

MOM Organic Marketは、4つの州で21の店舗を運営する東海岸チェーンで、すでに何十年も環境の保護と回復に注力しています。米国にはすでにUpcycled Food Associationtという機関ができて […]

最新パッケージソリューション

パッケージソリューションは、いまやグローバルの一大トレンド。CO2排出削減のため、パッケージやパッケージ廃棄物を減らす目的で、先進企業が行っている事例を紹介する廃棄物を減らすために、先進企業が行っている事例を紹介します。 […]

ネスレ サプライチェーン全体での再生農業のため13億ドル投資

グローバルでサステナブル先進企業として早くからサステナビリティ施策をうちだしている米・ネスレ。最新のサステナビリティ方針が発表され、50万人以上の農家と15万人のサプライヤーのネットワークと協力して、生物多様性、土壌保全 […]

サステナブル・サプライチェーンの重要性

化粧品業界でも、気候変動対策と生物多様性への配慮が求められる昨今、様々な課題の一つに「サステナブル・サプライチェーン」があります。今回は、欧米のフード業界で目新しい事例を紹介します。 アップサイクルされた大麦をベースにし […]

食・日用品・化粧品のサステナブルビジネス2021年予測

2020年、グローバルでは新型コロナウィルスのパンデミックに合いながらも、食・ニュートリション業界では“健康に良いもの”としてナチュラル・オーガニックフードが選ばれました。しかし、オーガニックすべてがサステナビリティ実現 […]

保護中: 🔓国内サステナブルビューティー最新事情

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

グリーンビューティー×IoT

ビックデータやIoTのテクノロジーはどの業界でも急務であるが、最近のトレンドとして、サステナビリティにおいてもGreen Revolution=iGreenという要素が出てきている。化粧品原料にもなる植物/農業への新しい […]

フードロスへの投資

食品廃棄物へ新しいソリューション提供を行う農業技術企業Hazel Technologies、Inc.は、資金調達で1,300万ドルを発表し、同社の累計は1,780万ドルに引き上げられました。同社は、Great thing […]

脱炭素社会実現にむけて

昨今のサステナビリティにおけるテーマの一つとして、低炭素社会の実現があります。プラスチック問題ばかりがフューチャーされているので意外と見逃されているのですが、実は気候変動も優先的な課題です。もはや低炭素から「脱炭素」が重 […]

◆(鍵)つき記事の閲覧方法について◆
C-BM通信の購読登録(無料)が必要です。問い合わせ欄よりお気軽にお問い合わせください。

化粧品業界におけるサステナビリティ市場のいま

市場動向から化粧品における課題まで

当社のC-BMメルマガ会員(無料)の方は、閲覧いただけます。

*C-BM会員登録ご希望は、Contactページ

知りたい情報が今ここに!サステナブル化粧品に関する実態調査

これまでにない、独自に国内市場動向を調査・収集した『サステナブル化粧品に関する実態調査』をご提供中!
化粧品業界のためのサステナブル経営、ポストコロナ戦略のヒントに✩
(詳細はリンクより)

お問い合わせはコチラから


化粧品業界における課題を解決するには・・・

Myuty-Chicが提供する
化粧品業界のための
環境・サステナビリティ・SDGs
コンサルティング

美容事業プロデュースの一環として、化粧品業界のための環境・SDGsコンサルティングをご提供しています。
 SDGsに取り組む理由は?
 SDGsに取り組むためにはどうすれば?
まずは低予算から、化粧品業界にふさわしい方法で、関連するブランドや企業のためのソリューションを提供します。
お問い合わせはお気軽に!


様々なステークホルダーの方々と化粧品業界のサステナブルな未来を考える「日本サステナブル化粧品振興機構」が法人化。
当社 Myuty-Chic株式会社の代表・長井美有紀が、代表理事に就任しました。
日本サステナブル化粧品振興機構に関する詳細はコチラ

トップへ戻る